医療脱毛で使うレーザーの種類は3種類

医療脱毛とは、医師が施術をする、もしくは施術の場に医師の立ち会いが必要である脱毛方法のことを指しますが、ひとくちに医療脱毛と言っても、その中にも様々な違いがあります。
レーザー脱毛だけに絞ってみてみても、そのレーザーにも大きくわけて3種類あります。
まずは「アレキサンドライトレーザー」これは1997年以降、広く使われていたレーザー脱毛で、痛みが強いとされています。
続いて「ダイオードレーザー」現在主流になっているのはこちらで、痛みも少なく、産毛にも対応できることが特徴です。
「ロングパルスヤグレーザー」これは、主に男性の脱毛施術に適していると言われているものです。
これらの3種類が主なレーザーの種類になります。
医療脱毛失敗談!後悔しないクリニックの選び方【勧誘される?】