自営業住宅ローン赤字だと落ちる?フラット35はご存知ですか?

住宅ローンの中には、フラット35という名前のローンがあります。
ローンを組もうと検討されていた方なら1度は聞いたことがあるローンの名前だと思います。
フラット35の最大のメリットは、35年間返済金額が変わらない。
という事です。
フラット35に申し込みをすると、一般的なローン同様厳しい審査が待っています。
ですが、フラット35の審査は少し違う点もありまた、それに加えフラット35の審査特徴としてフラット35の場合、住宅の価値が問われます。
貸付する住宅が、将来価値が上がるか、下がるか。
一般的なローンはそこまで価値を重視しないので、フラット35の特徴的な審査方法です。
住宅を購入する際には頭金が必要です。
頭金が0円でもOK!という広告もありますが、頭金無しでも確かに購入は可能でしょう。
しかし、頭金がないと月々の返済額が多くなります。
月々の返済を少しでも少なくしたいのであれば、やはり、最初に頭金を少し支払いましょう。
頭金の支配い額は物件金額の20%と言われていますが、住宅を買うとなると他の費用もかかりますので必ず20%と言う訳でなく、支払える範囲で検討すると良いと思います。
毎月の新生銀行の住宅ローンの支払いをしているとまとまった現金を手に入れるチャンスもあるかと思います。
その様な時は場合は是非、繰り上げ返済を検討してください。
繰り上げ返済といのはいつものローンとは別のもので、まとまった金額を返済する事です。
繰り上げ返済をする事により、ローンの元の金額を減らす事ができますので、返済金そのものを減らす事ができます。
借入額が減る。
という事は、月々の返済額も減る。
という事です。
繰り上げ返済には手数料がかかる銀行とかからない銀行があります。
自分の家を持つと言う事は憧れだと思います。
ですが、住宅を購入する際には必ず新生銀行の住宅ローンの審査が必要です。
現金で家の値段を支払えれば何も問題はありませんが現実的に見て、そういったケースは数少ないです。
ですから、一般的には銀行の住宅ローンを申し込む方が多いです。
新生銀行の住宅ローン審査は、数あるローンの中でも一番厳しいと言われています。
35年という長期間の支払いが出来ないといけないので、中には審査に通らない方も出てきます。
審査に通過できない一番の理由は収入面です。
ローン審査を無事に通過するためには、最低でも300万以上が必要年収ラインだと言われています。
ただそれだけあれば良いという訳でなく、勤続年数・会社の規模なども重要な審査基準です。

自営業住宅ローン赤字で審査通る?基準甘い銀行!【赤字申告】