看護師は過酷な仕事?

看護師という職業は、過酷な仕事です。
夜の勤務も交代で務めなくてはいけませんし、病院も経営難で少数のメンバーで、仕事をするしかないこともあります。
過労がもとになって、うつ状態になる人も多く、辞職率も高いです。
「白衣の天使」と称されますが、現状の業務は楽ではないようです。
ほとんどの看護師にとって、仕事が楽な病棟としては、採血室が代表的です。
透析とか採血、献血といった限定された業務のみを行う診療科です。
献血センターなどもこの科に当てはまります。
基本は同じ仕事の繰り返しで採血が上手になりますし、人の命を左右するような仕事もほとんどないです。
どの科でも採血を行う場合が多いので、その後、どの科に替わっても役に立つ技術です。
その業界それぞれに、従事者のみに通じる言葉があるものですね。
その理由としては、仕事を滞りなくこなすためなどである業界でしか通じない言葉が使われているでしょう。
同様に、看護の職に就いている人でも業界特有の言葉が利用されています。
一例として、心マは心臓に刺激を与える、ギネは婦人科、胸部の癌はマンマ、病院に泊り込みで治療をされる場合はアドミッションなど、多くの業界用語を使って会話しています。
東京やその周辺の地域のお仕事探しに適していると多くの人に知られているのが、看護師の転職情報が充実している看護roo!だと思います。
取り扱っている求人情報数がかなり充実しており、そのたくさんの情報量にもみなさん、満足しているそうです。
求人数がたくさんあれば、その分、転職に成功された方もたくさんいるということになります。
看護師の資格と一くくりに言われますが、看護師と准看護師の二つの資格が存在します。
一般的に、准看護師免許を持つ人は、キャリアステージを上げるため、看護師の資格を取ろう取ろうとします。
准看護師と看護師では、専門知識はもちろんのこと、待遇面でも、差が大きいのです。