プロミスを学生が借りる時に注意することは?

学生の方がプロミスに資金を融通して欲しいと考えているなら、インターネット、電話、窓口、ATMと4つの方法で簡単で便利に届け出る仕組みができています。三井住友もしくはジャパンネットどちらかの銀行に口座があるなら、簡単な申し込み手続きの受付が確認されてから10秒程度で平日でも土日祝日でも24時間指定口座に振り込んでくれる「瞬フリ」サービスを手軽に活用することができ、さらに便利です。 女性専用ダイヤルや30日の無利息期間が用意されているところもプロミスの魅力として挙げられる点でしょう。ただし、注意していただきたいのは、学生の方で融資を受けるための条件としては、アルバイトなどで毎月給料が入る方で二十歳以上の方という風になっています。ですので、未成年の方や無収入の学生の方はプロミスで借りることはできません。また、キャッシングの利便性は多くの人が認識していると思いますが、借りたお金の返済が滞ってしまうと資産を差し押さえられてしまう諸刃の剣です。 一般的に差し押さえられるのは預金口座や給料の場合が多いですが、給料の場合は最大その4分の1までが差し押さえ対象になります。あなたが年金生活者の場合、問題はさらに深刻で、年金が振り込まれる口座が差し押さえられてしまうと、年金を一円も受け取れないということも有り得ます。 そのような状況に直面しないためにも、返済の目途をちゃんと立ててキャッシングを利用しましょう。 当日中になんとしてもお金が手元にないと困るけれども、貯金などまったくないという悩みを常に持っている、そんなあなたには、その日のうちに融資が受けられるキャッシングが何よりオススメとなっています。 大抵のカードローン会社の場合、その日に融資が受けられますので、必要な手続きさえ行えば、その場で融資を受けることだってできるのです。キャッシングを利用するなら借入先が1カ所のほうが残高をイメージしやすいので、返済が滞る危険を回避できて良いと言います。 そうは言っても、あまり多くなければ他社を利用することによる利点があるのを忘れないようにしましょう。 金利が低いほうが高いところに比べ、総支払額が減りますし、融資限度額を考えると会社によって大きな違いがあり(800万円という会社もあります)、利用しやすさで優位性があります。限度額なら1社目のほうで引き上げ可能だったりしますが、金利の違いがあれば2社目を考慮したほうが良いでしょう。

 

プロミス学生は審査通る?限度額は?【親バレしない学生ローン】